藤井琴製作所

日本の伝統工芸品、福山琴製造と琴卸し|(有)藤井琴製作所

HOME»  商品一覧

商品一覧

  

13弦 ランク順

 

 

 
並甲 花林ベタ巻 並甲 紫檀口角巻
練習用に使われます。
装飾材料には花林材が使用
されます。

並甲とは甲羅と裏板をそのままペタッと張ったものです。
張り部分の継ぎ目が見えるつくりです。
並甲は甲羅の内側に
スダレ彫が施してあります。


練習用に使われます。
龍角、口前がセルロイドで
白く縁取られます。
装飾材料は花林材よりも光
沢のある紫檀材が使用され
ます。

 

表装飾:花林 
裏回り:丸形ベーク、上足花林、下足なし
口前:蒔絵なし
表装飾:紫檀
裏回り:丸形ベーク、上足花林、下足なし 
口前:蒔絵入り

 
並甲 紅木ベタ巻 並甲 紅木半上角巻
装飾材料には紫檀よりも光
沢のある紅木が使用されます。


 
龍角、四分六、口前がセル
ロイドで白く縁取られます。
装飾材料は紅木が使われます。
表装飾:紅木、
裏回り:花林
口前:蒔絵入り
表装飾:紅木
裏回り:花林
口前:蒔絵入り

 
新福山琴 短琴4尺5寸 並甲 紅木上角巻

ピンネジで糸を調整出来ます。
長さは4尺5寸(136cm)
となっており、持ち運びに
便利なサイズです。

 
龍角、四分六、柏葉、口前
がセルロイドで白く縁取られます。
装飾材料は紅木が使用されます。
表装飾:紫檀、上ピン
裏回り:丸形ベーク、上足花梨、下足なし
口前:蒔絵入り
表装飾:紅木
裏回り:紫檀
口前:蒔絵入り

 
透かしベタ巻 クリ甲 綾杉  金口巻
柏葉の部分が玉縁巻で
四分六の部分がベタ巻
という仕様になっています。半玉縁巻とも呼びます。

クリ甲とは甲羅と裏板の
張り部分の継ぎ目を無くす
つくりのことです。
甲羅の内側には綾杉彫が施してあります。
口前の部分に金口金具を入れることでより美しい仕上りとなっています。

左 透かしベタ 金口巻
右 上角 金口巻
表装飾:紅木
裏回り:紫檀
口前:蒔絵入り
金口金具とは宝石模様や彫金を施した口前金具をいい
このような装飾をした琴を金口と呼んでいます。

 
玉縁巻 クリ甲 子持綾杉 象牙一本線入玉縁巻 クリ甲 子持綾杉
玉縁巻とは四分六や柏葉の縁に玉縁包みという細工を施したものです。
玉縁巻は最高級の飾り付けです。
玉縁包みの部分を彫り象牙の一本線を埋め込んで造られます。他、裏回りの丸形や上足下足にも一本線が埋められています。

 
表装飾:紅木
裏回り:紅木
口前:蒔絵入り(上々~極上)
表装飾:紅木 象牙一本線
裏回り:紅木 象牙一本線
口前:蒔絵入り(極上) 
     舌部分に名前、家紋、好きな文字などを書く事も可能

象牙 一本巻き

表装飾:紅木 象牙
裏回り:紅木 象牙
口前:無地(別注で 家紋 名前 好きな文字 などが書かれます)

 


17弦巻

 
17弦 紫檀ベタ巻 17絃 繰甲綾杉 玉縁巻
装飾材料には花林材よりも光沢があり上質とされている紫檀が使われています。    玉縁巻とは四分六や柏葉の縁に玉縁包みという細工を施したものです。
玉縁巻は最高級の飾り付けです。
甲羅の内側には子持綾杉彫を施しています。
表装飾:紫檀
裏回り:花梨
上ピンになっています
表装飾:紅木
裏回り:紅木 
上ピンになっています



 

13弦繰甲綾杉彫り、17弦繰甲綾杉彫り、透かし作り、玉縁作り
自社は全てにおいて自信を持って琴を製作しております。
独自の繰りが生み出す音色の方も素晴らしいです。
甲も装飾の方も美しく出来ています。